« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

羊毛フエルト遊び

羊毛フエルトで出来た動物を 友達から見せてもらったり、ブログやホームページなどで見かけてるうちに、なんだか私も無性に作りたくなった。

そう言えば一昨年あたりに1つ作った覚えが、、、、、
急いで押入れの中を探す。

あったexclamationあったexclamation ×2ふわふわの糸が集まったような羊毛が。                        
Img_2298_2 

これを専用の針でつついて形を作る。


前に作ったのは、「まこという名の不思議顔の猫」と言う本まで出ていた、不細工で可愛いので人気になった猫の「まこちゃん」。
Img_2275_2

何で第1作目がこれになってしまったのか分からないが、あの時にはとにかく作ってみたかったのだ。

う~んもうやだ~(悲しい顔) 出来上がりは ただのブサイクなネコになってしまったが。。。。。


そして今回は、うさぎとクマ。

クマは次女が小学生の頃から大事にしている「ぽぽんちゃん」と言う子がモデル。
ピンクに パンダ柄のおパンツが可愛い子だsmile                         
Img_2280_2

以前は上半身は裸だったが、寒いからなんか着せてぇ~~という次女の要望に答えて 今ではベストを着用。                                                    
                                                          
                                                        
羊毛をぎゅっと丸めてチクチクと針で刺しながら、形を整えてゆく。

案外時間がかかる。
時々 自分の指も刺しながらげっそりうさぎも ぽぽんちゃんも、それぞれ5時間ぐらいかかってしまいましたgawk

作業自体は単純なんだけど、ちゃんと習ったりすると 綺麗に仕上がるちょっとしたコツがあるんだろうなぁ。                                            
Img_2295_2 

これを読んだ方で、羊毛フエルト制作におけるチョットしたコツをご存知のかた教えてくださいな。                                                                
Img_2291_2                
サイズはミーコちゃんより小さいの。。。。                                                        
                                                          
                                                        
ぽぽんちゃんは、あんまり次女が可愛がるので 昔ティッシュケースにに描いたあげたことも
                                                   
Img_2300_2                                                                 
                                       
                                  
                                
                                  
                                     
                                    
 実はこのカエルのモデルも娘は持ってます
      ↓                          
                                                                        Img_2301_2  

| | コメント (12) | トラックバック (0)

アーツ&クラフツ展

先月から始まっていた「生活と芸術ーアーツ&クラフツ展」を観る為に
上野の東京都美術館まで行ってきました。
Img_2267_2                  
アーツ&クラフツとは何ぞや?と申しますと、
19世紀にイギリスで興った ウィリアム・モリスを中心とするデザイン運動のことです。                         
                                                      
Img_2274_2
写真はモリスが53歳の頃   うふふnotes 格好よく撮れてるねhappy01

そのデザインは、家具、食器、服飾、書斎、グラフィックデザインなどにおよび、
自然や伝統から美を再発見しシンプルなライフスタイルを提案しています。

私が好きなビスクドールが作られた時代と重なりますが、
ブリブリ、フリフリ、ビクトリア~ンぴかぴか(新しい)な世界ではなく、いたってシンプルで生活に密着しながらも洗練されたものでした。

あんな柄のカーテンほしいなぁ~目がハートとか、
あんなファブリックでカルトナージュを作りたいな~目がハートなんていろいろ想像しながら見てまわる。


ショップで一番人気だと新聞にも載っていた モリスがデザインした「いちご泥棒」の柄のブックカバーと 次女の為に本を買う。                                    
                                                      
Img_2270_2                                                        
                                                           
                                                        
偶然にも私が卒業した高校の卒業制作展を 他の展示室で開催しているのを発見。
私がいた頃は、卒業制作展なんて無かったような気がしたのに、今は東京都美術館内でやっているなんてビックリ。

あの頃は、花と生物ばかり描かされてちょっとウンザリしたが、今はどうなのかな?
少しだけのぞいてみた。

賞を取っていた作品は、高校生とは思われないような 大人の感覚の抽象的な大きな作品だった。すごいなぁ・・・・
もちろん、高校生らしさの溢れるかわいい作品もあったけどね。

この日は搬出の日だったらしく、どんどん生徒が展示場に集まってきたので 急いで会場を後にしました。                                                  
                                                         
                                                     

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヴァレンタインカード

ヴァレンタインだからといって、今更べつに。。。。。と言う感じですが。

ヴァレンタインのモチーフのカードは大好きheart02

アニマルものはやっぱりかわいい~~note

Img_2244_3

ビンティージ(30~50年前のもの)です。7年ぐらい前から集めています。                                   

                                                                    

こちらは、本当のアンティーク。

はがきに1908と文字が書かれています。  ぎりぎり100年経ったのね。

Img_2247_3                               

 Img_2245_3  

こう見えても、 私たちも そろそろ100歳よ。たぶん、、、                                                                                                           

最後にミーコちゃんのチロルチョコ。

セルやさんから職人展のときに頂いたものです。

Img_2240_3                                  

 もったいなくて食べられない。。。。。catface                                                                                                                                                                          

                                                                                                                           

                                                                                                                      

| | コメント (6) | トラックバック (0)

トールペイント 小さなアネットジュモウちゃん

昨日は、ギャレットフォークスタジオ(古屋加江子先生主催)のレッスン日でした。

昨年から描いているオリジナル作品やっと完成です。
そんなに大きくないウッドなのに、楽しいメンバーに囲まれて、
ついついのんびり描きすぎて(これも3ヶ月半かかってしまったよぅ)ちょっと反省がく~(落胆した顔)


今回は小さなビスクドールが描きたくて
「white rose」の のばらさんが作ったビスクドール、
アネットジュモウちゃん(約14センチ)をモデルに描いてみました。
Img_1470_2_2
のばらさんとは、ビスクドール教室でご一緒させてもらっているのですが、実は可愛いドールちゃんをどんどん生み出しているプロの作家さんです。
淡いピンク、オフホワイト、リボン、レース、小花、そんな言葉がぴったりな方で、ロマンチックで小さくてかわいいサイズのお人形を作ってくれます。
 Img_2233_3                                                      
                                                      
さて、、、作品のほうですが、、、白っぽいイメージで描きたかったのですが、色を重ねていくうちに色が濁ってきてしまい、
部分ごとに先生の指導のもと 何回か描き直す。

オリジナルはモチーフの配置や影の付け方など、右から左に写すだけのペイントとは違い、やっぱり大変だった。
Img_2227_3                                                  
                                             
                                             
                                             
でもね、やっぱり先生がいるのって ありがたい。
そりゃー、ただ描くだけならいくらでもできます。
友達やペイント仲間に聞いても、なかなかこうしたら?なんていいにくいだろうし、
リップサービスで終わってしまうだろう。
私の目線とは違った角度でアドバイスしてくれるのは嬉しい事です。               
                                                        
                                                      
木曜日恒例の 放課後のドヲル倶楽部にも出席して
それぞれのお人形を見せてもらう。
この日は荷物が重かったので、私はビスクではなく、
かる~~いセルロイドのミーコちゃんを持って行った。
みんなで 怠慢にも寝ころがって記念写真をパチリカメラ    うふふむふっ

Img_2209_2                                                          
                                                                                                                     
                                                                                                                        
                                                                                                                     

| | コメント (7) | トラックバック (0)

私のお雛さま

天気が良かったので、昨日やっと お雛様をだしました。

お嫁に来る時もちゃんと持ってきましたので、
娘のお雛様と一緒に毎年飾っております。

私は、初孫だったので どれだけスゴイおひな様かと思いきや、
住んでいた所が狭かったので、せっかく祖母と買いに行ったのに、母はタンスの上に乗せれる小さなものを選んだそうです。。。。

元々はガラスケースに入っていたお雛様ですが、そのガラスもいつの間にか外れてしまい、金の屏風はビリビリあせあせ
Img_2196_2_3 ←画像をクリックしてみてね
それでも、木目込みの小さく幼い風貌のお雛様は可愛くて、ちんまりとお部屋の隅で毎年数週間ですが、我が家を見守ってくれます。


うさぎのお雛様は、10年くらい前にNHKの「おしゃれ工房」で辻村ジュサブローさんがうさぎのお雛様の作り方をやっていたので、番組とテキストを見ながら作ったもの。
あの頃は今のように和の生地やちりめんが簡単に手に入らなかったので、生地(古布)探しに苦労しました。
作りたい一心で、ちょっと高めのお値段でも古布を買った覚えが。
Img_2203_2
トールペイントのお雛様は古屋先生のデザインで数年前に私が描いたものです。
その頃は和のトールペイント自体も珍しく、お雛様が好きな私は嬉しくて 一気に描き上げました。

どのお雛様も飾るだけで何だか心ときめいて、出かけ先でもお雛様が売っていると ついじっくり品定め・・・・買うわけでもないのに。



娘たちのお雛様は3月にお披露目しましょう。
こちらも木目込みでほっぺたプックリの平飾りです。

我が家では今の時期、家のあちこちにお雛様が鎮座しています。              
                                                      
                                                         
121_2159_2                                
私たちも久しぶりに出してもらえたの。。。happy01                                
                                                          
                                                        

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ファースト ビスクドール完成

数年前から ずーーーっと(約4年間ぐらい?)1度は作ってみたいと思っていたビスクドール。

念願かなって、昨年の6月からアンティーク ビスクドール教室に通う事になりました。

第一作目は、「ケストナーXI」

ケストナーXI(エックスアイ)は、ケストナー(ドイツの工房)の人形の11番目と言う意味でヘッドの後ろにXIの刻印があります。                                

お教室で渡された白いソフトウェアーを磨き、目をくりぬく所から始まるのですが、、、、

これがもう大変 coldsweats02  

まずは磨いている時に頭蓋骨骨折sign03 crying   

もちろん新しいものでやり直しました。。。。

目もくりぬくのですが、丁寧に慎重に・・・・・先生のおっしゃることを素直に聞いて。。。。

肌に色を塗り、焼いて。   眉毛、まつ毛を描き、焼いて。  ほほ紅を塗り焼いて。

合計4~5回焼いたのかな?

↓の画像の姿にまでになるのに 5ヶ月かかり・・・・

Img_1487_2_2                       

顔、肩、手足がビスクでボディが布です。

顔と同じように、肩、手足も磨いて 色付けして焼きました。

Img_2087_2

グラスアイを入れて、ボディを組み立て、カツラを作り

Img_1815_2                             

本を穴が開く程ながめ 下着、ドレス、ボンネットを作り・・・・・・

Img_2090_2

なにしろ 人間の子供にもろくに作ってあげた事が無かった私。 かなり必死です coldsweats02

(え?何で作ってあげなかったの?って。。。。

。。。。。遊ばせる、食わせる、寝かせるだけで いっぱい、いっぱいだったのよぉ)

Img_2182                       

靴も革で作りました。

この頃には・・・・・すでにカツラのセットは乱れつつあります。。。。despair

出来 不出来は別として、作る過程を楽しみたかったビスクドールvirgo作り。

まつ毛はヘナチョコで、眉毛は若干たくましくなってしまいましたが、それでもこうやって完成すれば 可愛い我が子heart04

結局、全てを完成させるのに、8ヶ月近くかかってしまいました。

どの作業をとっても 初めての事ばかりで、言われるままに作った人形でしたが、2体目はもう少し気持ちに余裕を持って作れるでしょうか・・・・・?                   

2体目は ケストナーのグーグリーを手がけ始めました。

この子は夏休み前までには完成させたいものです confident                       

                                                      

                                                      

| | コメント (13) | トラックバック (0)

長女の誕生日

昨日は長女の21歳の誕生日でした。

思い起こせば21年前、実家で夜中の破水から始まり、それでもなかなか出てこなくて、最後は吸引機を使って生まれてきた子でした。

産声を聞いた時、
「うぇぇんーーーあせあせ(飛び散る汗)
まだ、出てきたくなかったのに~~~たらーっ(汗)
もっと お腹の中にいたかったよぉ・・・・」
と、そんな感じでしたふらふら

結構な心配性で すぐ胃が痛くなるような性格ですが、
大学生活とバイトをこなし、俳句を作り、ジャズダンスも続けています。
最近は この不況のさなか就職活動に入り、これまた胃の痛くなるような毎日だそうです。。。。。

Img_2172_2
久しぶりに夕食は家族で焼肉を食べに行き。
家でゆっくりケーキのデザートでした。
                                                                                                                      
                                                                                                                      
                                                                                                                      

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »