« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

アヒルと ネムネムバニーと 憂鬱

ハッピーベアーを作ったら、他のものも試しに作ってみたくなり、、、、時間の合間に作ってみた。

アヒルchick ・・・・・あんまり似てないcoldsweats01

Img_2745_2

次に ネムネムバニー

Img_2747_2_2

ボディの色は変えてみた。 出来は、、、まぁまぁかな?

なぁ~んて、こんなことをしている場合ではないのだsign03

明日、明後日と 例の水漏れに関するリフォームに業者が入る。朝の9時には来るから それまでにリフォーム箇所の荷物を移動しなければ。今晩からやらないと、間に合わない。

憂鬱だ gawk sad

移動も憂鬱だが、家の中を見られてしまうのも。

だって、、、、、コーナーを決めて置いてはいるが、テディベア、ラバードール、ぬいぐるみ、ビスクドール、カルトナージュの箱、しまいきれないトールペイントの道具とウッド┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

作業の方は男性ばかりだから このオバハン、 なんでゴチャゴチャと訳の分からないもの持っているんだろう?ぐらいにしか思わないかしら?

それとも、関心が無いから目にも入らない?かな?

数年前までは、家庭訪問が苦手でした。

トールペイントの作品を見てもらうのは嬉しいぐらいですが、ドールのほうは何て説明したら良いのやら・・・・

ほとんどの先生たちは、淡々と子どもの話だけを話して帰られるのですが、次女が中1だった時の先生は、ペイントしたものや、しまいきれない絵の具や ビンや缶に放り込んである筆をご覧になって(私はダイニングテーブルペインターなの。アトリエは持っていないの)

「何かやっているのですか?」と聞かれた。(聞かれたのは絵のほうだった。良かったぁ)

話しをしていると、その先生のお姉さまが画家だそうで、画材を見てsign02と思ったらしい。

その時は、子どもの話よりそっちの話しの方がメインになってしまった。

・・・・・・と、言うわけで ピカピカになった壁紙を想像しながら、これから頑張って片付けますわ crying shock crying

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ハッピーベアー

いくつか羊毛フエルトでぬいぐるみを作っってきたので、要領はだんだん分かってきました。

今回は、ラシュトンのハッピーベアーを参考に、フェイスタイプの物を作ってみました。

Img_2714_2

大きさが分からないかな? 約8センチです。

ラシュトンちゃんたちと・・・・

Img_2712_2

やっぱりハッピーベアーは、見ているだけで嬉しいheart04

この顔でも見ていないと めげそうです gawk。。。。。

だって来週の水、木曜日と やっとあの水漏れ事件の修理が始まるから。

もう、1ヶ月以上経っているのにやっとです。

押入れ、天袋、洗面所、トイレ、全ての荷物を出さなくてはなりません shockshock

一体誰がやるの?

やっぱり私sign02    考えるだけで downraincryingpout デスimpact  

 あぁ。。。(p´□`q)゜o。。

                                                                                                                         

最後にお口直し。

チビッコベアーちゃんは、この子の物になりました。

Img_2708_2

えへ、もらっちゃいましたwink byグーちゃん

| | コメント (6) | トラックバック (0)

グーグリーちゃん、ついに誕生!

ビスクドール制作、2体目は今年になって制作に入った ケストナーのグーグリーちゃん。

5ヶ月かかってやっと完成ヽ(´▽`)/

アンティークビスクドールは、すましたお嬢さんタイプが多い中、グーグリーは愛嬌たっぷりの親しみやすいお人形です。

Img_2685_2

下着までは出来ているのですが、、、、、、ドレス、ボンネット、靴は これから作ります。

実は、かつらも他の子の借り物 coldsweats01

せっかくの記念写真だから、ドレスも他の子から借りて、かつらも違う色のものに変えてみました。

Img_2691_2_2

目を入れる段階になって、気がついたのですが、向かって右の目のホールの方が少し大きかった coldsweats02 

ホッペも、2度色を重ねたけど、思ったほどばら色のホッペにならず、残念。。。。

こういう作業って経験で覚えていくものだから、しょうがないかな?

目が少々ビッコでも 嬉しそうにたたずむグーちゃんheart04

(ごめんよぅ グーちゃんweep

念願のお人形が出来て 私も嬉しい1日でした。

 

私が今回作った子(向かって左)は30センチ。右側のグーちゃんは5,6年前にお迎えした創作人形作家のひらさん制作の24センチのグーちゃん。

Img_2699_2

| | コメント (12) | トラックバック (0)

イースタープレート

昨日はギャレットの振り替えレッスンで都内まで。

レッスン日が違って、ここ1年以上も お会いしていなかったりんごさんappleとお隣の席でしたヽ(´▽`)/

ネット上だけしか存じ上げなかった のりぴーさんにも初めてお会いする事が出来てご挨拶。これからも仲良くしてねwink

午後からは、アッシュちゃんも登場して、もう一人 はじめて同じテーブルになった方(最後までお名前を聞かずにごめんなさい。娘のお化け話に付き合ってくださりありがとう)を含め4人で ペイントしながら子どもの話に花が咲くtulip

お年頃の子どもを持つ私たち、、、それぞれチョットした困ったことや悩みってあるよね。話しをしたり、聞いたりするだけでも、心が軽くなった気がするよ。

・・・・・そして、肝心なイースタープレートchickの行くへはsign02

プレートの枠の部分にいくつか図案を考えて入れていったが、相変わらず、色が濁ってしまい、配色にも問題があったので先生の指示で思い切って塗りなおす。

不思議ともったいない気分は全く無く、下地のグラディーションで絵を消してしまうと、かえって気持ちが切り替わってスッキリsun

途中、ミヒャエル・ゾーヴァの塗りなおしや 先生自身も ある程度出来上がっていても変更するのに しょっちゅう塗りなおす話しなどを聞く。

やっぱり、汚い色でグダグダ、いじいじ描いてしまいそうなときは(←コレは私の場合の話し)、リセットも必要なのだわ。

Img_2671_2

イースターはとっくに過ぎてしまったけど、、、、来年には間に合うよねsmile

                                                                                                                      

そして、今日 fairycatちゃんの所からブツブツ交換で 我が家へ養子入りした あみねこの「そら」でございます。

fairycatちゃんは あみものがとっても上手lovely  次々とかわいい洋服や あみねこちゃんを生み出しているトールart&ドールvirgo友達であります。

かわいい子catをありがとうね

Img_2673_2

バイロちゃんも ボンネットを作ってもらい つるっぱげをガードできてご機嫌smile

Img_2674_2

放課後はお決まりのドヲル倶楽部で あみねこ兄弟が集合し、 ブライスちゃんたちは おニューのドレスをお披露目heart04でした。。。。

Img_2667_2

Img_2669_2

もう、リラックスの「そら」↓   ┐(´д`)┌ヤレヤレ

Img_2677_2

注意:あみねこの著作権は、ねこやまさんにあります。

121_2145_2

| | コメント (9) | トラックバック (0)

おにんぎょさんの下着作り

昨年の冬に 「あとりえ まぐのりあ」さんの所からお迎えしたヘルガちゃん。

ツルッパゲの赤ちゃんです。  どことなく不安そうな表情が可愛い子heart02

Img_2662_2

下着を着けていなかったので、お願いして下着の型紙を頂いていたのですが、ずーーーっとそのままでした。

今日こそ作るぞpunch  

前にもお話したと思いますが、自分の子どもにも洋服なんぞ作った事の無い私。

ビスクドールを始めるに当たって 一番の不安は、ドレス作りでした。。。。

でも今日は下着だし、、、、なんとか いけそうな気がするぅ~~~sign02

という訳で、出来ました。 まずは おパンツ

Img_2651_2

そして、スリップ

Img_2657_2

裏もきれいに、丁寧に。。。。したつもり。

今までにも、マダムのケリーちゃんや他のビスクの人形にも新しく下着をこさえてあげてきたけれど、そのたびに、「あーここは もうチョットこうすれば」とか、ギャザーのより方があんまり美しくなかったりとか、反省点多し。

125_2558_2

今回は、、、、まぁまぁの出来・・・・・? coldsweats01

おパンツ、やっと履かせてもらったのねぇ。と冷やかすグーグリーミーコちゃん↓

Img_2663_2

いつか私にもシルクの生地で人形のドレスを作る日が来るのだろうか?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

母の日

母の日・・・・だからといって いつもの日曜日でした。

長女は 稼ぎ時だからと朝からバイト。

ケーキbirthday屋なので、母の日はすごく混むそうです。 不景気なのに良い事だ。

次女は、実技の補講で ほとんど8時過ぎに帰ってくるので、休日はグッタリ gawk 。お昼近くまで起きられない。

それでも、休日のお風呂spaのお掃除当番は次女なので、母の日だから?いつもより念入りに?掃除をしてくれた。

そして長女は、母の日だから?昨日になって、私の為にティッシュ入れを作ってくれました。

Img_2665_2

密かにボタンコレクションをしている長女。

お気に入りだったカーリーコレクションのボタンを付けてくれました。ハートにエンジェルの形・・・・・かわいいねheart02 どうもありがとうconfident

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ミヒャエル・ゾーヴァ展

昨日は、絵本の挿絵で人気の高いベルリンの画家、ミヒャエル・ゾーヴァの展覧会に松屋銀座まで行ってきました。

「ちいさな ちいさな王様」、「エスターハージー王子の冒険」、「ゾーヴァの箱舟」の原画などを含む約130点もの展覧会。

Img_2644_2

本で見るのとは一味も二味も違う絵の質感、独特の雰囲気、時間が経つのも忘れ一つづつ丁寧に観賞。

くすっと笑ってしまう絵も多くあり、細かい所まで見逃せません。

インタビューのビデオもあり、そこでゾーヴァは 自分が描いた作品を後から気に入らない所が見つかると何度も塗りなおすと言っていました。

直しすぎて、はじめの絵の痕跡さえもなくなってしまうこともあるそうで、あぁ どんな方でも作品を仕上げるには苦悩しているのだなぁ。とチョット安心してしまいました。

                                                        

おみやげの絵葉書

Img_2639_2

↑フランス映画「アメリ」で使われた治療中の犬の絵も・・・

映画の中で出てきた豚pigのランプは、展示と共にショップの方でもレプリカが売っていましたが、当然売り切れでした。 誰が買ったのかしら?イイなぁ~

(展示にはもちろんランプシェードもついていましたよ。)

Img_2646_2

つい売ってると買ってしまう箱物・・・・・缶の中には、キャンディが入っています

Img_2642_2

5月11日まで開催です。ファンの方はお早めにnote

| | コメント (6) | トラックバック (0)

鎌倉めぐり

5月3日 晴れsun

家族全員の都合をあわせ、鎌倉まで家族遠足。

ウン十年ぶりの鎌倉。 ゴールデンウィークの真っ只中、車では駐車場に困るであろうと思い、湘南新宿ラインtrainで一気に北鎌倉へdash

北鎌倉駅に近い 円覚寺でお庭を楽しみ→縁切り寺で有名な東慶寺→閑寂なたたずまいの浄智字→鶴岡八幡宮へ

お昼を食べてからは、鎌倉の駅からバスで 大仏でおなじみの高徳院へ

Img_2630_2

予想はしていたけど、人、run、人、run、人、runsign03

どこもかしこも、ゾロゾロと。    

まぁ、私もその中の一人だったのですが・・・・

でも、新緑は美しく 落ち着いたたたずまいに ホッjapaneseteaとする神社仏閣

せっかくミーコちゃんも連れて行ったのに、あの人ごみの中でお人形を出してゆっくりと撮影する勇気も無く・・・・・一枚も撮れず weep

ぷらぷらと家族で歩き回り、疲れたけれど健康的な1日でしたscissors

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日本の職人展

川越の丸広百貨店にて行われている「日本の職人展」(4月29日~5月5日)にセルロイドドリームが出店するので初日の4月29,30日とお手伝いに行って来ました。

Img_2607_2

セルやさんのブログにも書いてありましたが、職人展はドールフェスタなどとは違って 皆がみんな お人形めあてでは無いので 「まぁ!懐かしい。」とか 珍しそうに見てもらえるのですが、なかなか財布の紐をゆるめてくれません。

Img_2610_2_2

不景気真っ只中、色々な事情で内心は欲しかったのでしょうけど(2回も見に来てくれました)あきらめて帰られたお客さんもいらっしゃいました。

2日目は、以前ネットでミーコちゃんをお迎えしてくれたお客さんが、ミーコちゃんを連れて遊びに来てくれました。

初めてお会いした方でしたが、ミーコちゃんをはじめ、ビスクドールややドルフェスの話しに花が咲き、楽しいひと時を過す事が出来ました

6月の浜松町のドールフェスタにお手伝いとして参加なさるそうなので、またお会いしましょう とお約束をしてそのお客様は帰られました。

1週間の長丁場の職人展、頑張ってね。セルやさん。

Img_2611_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »