« 裸んぼうのポートレートジュモウ | トップページ | 伯母へのプレゼント »

美術館めぐり~渋谷

昨年は都内のあちこちの美術館で印象派の絵画展が開催されていたので、もう、印象派はいいでしょ、お腹いっぱいです。と思っていたら、まだこちらの美術館でやってました。

昨年は課題に忙しくて印象派の「い」の字も観れなかった次女がBunkamura ザ・ミュージアムにモネを観に行くと言ったので私も一緒に。

「モネとジヴェルニーの画家たち」

Img_5867jpg_2

ジヴェルニーとは、パリから80キロほど北西に在る小さい農村。

クロード・モネが住み、この村の風景の作品を描き、沢山の絵描きたちが訪れた場所です。

モネの睡蓮の絵は、上野の西洋美術館の常設展にもありますが、その絵とはまた違う雰囲気の睡蓮 

Img_5869jpg_2

美しい自然とのんびりした時間が流れる村・・・・・

当時の画家たちの憧れの場所だったのでしょうね。                               

                                                            

お昼を食べて午後からは松涛美術館へ。

Img_5862jpg_2

「大正イマジュリィの世界」

大正時代をイメージする本の装丁、ポスター、絵葉書、広告、漫画、絵本、版画等が展示されていました。

Img_5866jpg_2

どこか懐かしく、モダンなデザイン、、、、なのに、次女はこーいう大正ロマンっぽい柄と色は、物によっては恐いそうです。

・・・なんで?

夢路をはじめ、当時のポップカルチャーが一挙にみれて面白かったんだけどね。                 

                                                             

美術館のはしごは やっぱり疲れますわ。

帰り道、カフェで甘い飲み物で元気をつけて家路に。。。。。

|

« 裸んぼうのポートレートジュモウ | トップページ | 伯母へのプレゼント »

アート」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152767/38577934

この記事へのトラックバック一覧です: 美術館めぐり~渋谷:

« 裸んぼうのポートレートジュモウ | トップページ | 伯母へのプレゼント »