« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

うさぎエコバッグ

先日、もろもろの買い物の最終に食料品を買おうと西友に寄った。

エコバッグはいつも持ち歩くが、その日はすでに袋がパンパンだったのでレジの人に

「袋もお願いします。」と言ったら

「3円ですけど、いいですか?小さい袋だと2円ですけど。」 と聞かれた。

ナヌsign02  3円となcoldsweats02

確かに前々から西友は「自分で袋を持ってきてね。」 と 宣伝していたけど、とうとうレジ袋にお金を払う事になっていたとは・・・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

どうみてもエコバッグに入りきれないので仕方なく小さいほうの袋を買う。。。。

そうか、、、、買い物帰りさらに食料品を買おうと思ったら、エコバッグは1枚では足りないのだ。

たとえ2円といえども袋ごときにお金を払ったのがイマイチ悔しい。                          

 

ふだん持ち歩いている、ムーミンと どこかの雑誌のおまけの地味な花柄が素敵なエコバッグ。

ある程度の大きさがあって、薄くてそこそこ丈夫が基本。

Img_82862jpg
最近仲間に入った 「ほやほや」 池野さんの作品 うさぎ エコ

バッグにつるすことが出来るうさちゃん。

いわゆるカワイイうさぎちゃんではなくて 大人顔のところがお気に入りheart04

Img_82892jpg
背中にエコバッグが入っています。

Img_82872jpg_3

| | コメント (10) | トラックバック (0)

深堀隆介展「ハネもの」

・・・・・先週末のつづきです。

池袋西武のアートギャラリーに着いてみるとすでに長蛇の列。

ええ、並びましたとも。

絵で描いた金魚は平面なのにエポキシ樹脂を流したお弁当箱や、タバコの缶、いろいろな器の中で泳ぐ金魚たちはあまりも立体的で まるで生きているよう。

初めての感覚。 今まで見たことのない金魚たち。

Img_82832jpg


 

もうちょっとゆっくり見たかったな。。。。あとに人が待っていると思うと長くは立ち止まれないのでした。

金魚・・・・・涼しげなその姿は夏にピッタリね。                                      

 

 

| | コメント (4)

スイスの絵本画家 クライドルフの世界

先週末は、娘たちと3人でスイスの絵本作家の展覧会を見に渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムまで行きました。

Img_82802jpg_5

スイスの大自然の中で草木、花、昆虫に愛情をそそいだクライドルフ。

擬人化した動植物たちが、愛らしい。

そして、案外表情豊かで( ´艸`)ププッと笑える絵も多く、細かいところまで見る楽しみもありました。

Img_82812jpg

絵本の原画の展覧会でしたので空いているかと思っていたら大間違い。

比較的小さい絵が多かったので、見たい絵は人の肩越しに見るわけにはいかなく、順番を待ってみるかたちでした。

今回は珍しく図録を買う。 図録の中には「花のメルヘン」の絵本も入っていました。

さすが絵本作家の図録だわhappy01heart04

Img_82822jpg

 

                                                              
小さな世界を堪能した後は渋谷駅前のヒカリエへ。

あまりの人の多さにグッタリきて即退散。

2つ目の目的地 池袋西武で行われている深堀隆介展へ

つづく・・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マウリッツハイス美術館展

長い間改装工事のために休館になっていた上野の東京都美術館。

工事がやっと終り、リニューアルを記念するマウリッツ美術館展が開かれたので、絵画が好きなお近所の友人とフェルメールの「真珠の耳飾の少女」に会いに行ってきました。 

ラピスラズリの顔料で描いたウルトラマリンブルーのターバンが印象的な少女

耳にしっとりと輝く真珠が、つややかな唇が、なぞめいた瞳が。。。。

いつまでも いつまでも見ていたい。。。。 

Img_82722jpg_2


ヤン・ブリューゲル(父) 「万暦染付の花瓶に生けた花」

Img_82712jpg
ルーベンス「聖母被昇天」は、アントワープにある聖母大聖堂の祭壇画の下絵

そうそう、フランダースの犬でおなじみのあの絵です。

Img_82732jpg
17世紀 フェルメールやレンブラント、ルーベンスの黄金時代のオランダとフランドルの絵画の魅力が満載だ。                                                        

 

48点もの絵画を丁寧に見てからお昼前には美術館内のレストランへ。

大きなガラス窓から外を見ると、展覧会を見るための長~~~~~~い列が 炎天下の会場外まで続いていましたshock

朝一番で入ってよかったぁ。

平日だけどフェルメールの人気はスゴイなぁ。

絵を見る前にぶっ倒れないように、展覧会に行かれる方は気合を入れて行きましょうpunch

 

 

| | コメント (2)

ドールワールドフェスティバル 2012

今年もドールワールドフェスティバルが浜松町東京都産業貿易センターにて行われました。

 

日本唯一のセルロイドおもちゃ職人のセルやさんのブースセルロイド ドリームでは古くて新しいミーコちゃんとゆめちゃん、セルロイドのおもちゃが並びます。


Img_82452jpg_2


うしろの赤い布が敷いてある机ではワークショップが開かれ、「ひろのや」のひろこさんと、私とでワークショップを手伝いました。

皆さん、丁寧に丁寧にミーコちゃんを描いていましたよ。

Img_82422jpg                          

 

Maison bebeにリンクしているドールフレンドも出展しています。

 

お人形の王道をゆく アンティークビスクドールのレプリカを作られているのばらさんのブース、white rose

優しいお顔立ちのお人形がいっぱいlovely

大人気で帰りがけにのぞいたらみーんなお嫁に行った後でブースはスカスカ。

はじめにお写真を撮らせていただいて良かったわ。

Img_82332jpg
                                                                                                                          Img_82352jpg_3


         

 

テディベアとドール小物を売っているJunnoちゃんのブース J`s Bear

パスックマはギャレットでも大人気。

クマバッグやクマバッグ用のセルッピーも完売でした。

Img_82402jpg

この子はうちの子になりました

Img_82592jpg_4                     

 

                                                           

ミーコちゃんにぴったりのミニチュアがたくさんshine

可愛いものがあり過ぎて、どれを買おうかドウキがムネムネしちゃう~~sign03

あっこさんのブース、ころぼっくるのミニチュア工房

Img_82472jpg_3

小さな小さなつるし雛↓が、特に素敵でしたheart04
                                                                  

Img_82482jpg_2                           

 

初日の帰りにはセルやさん、ワークショップを一緒にやったひろこさん、みーたん、ころぼっくるのミニチュア工房のあっこさんと5人で居酒屋で乾杯sign01beerbottle

暑かった1日を締めくくるビールは、それはそれは美味しかったのでした beerhappy02notes                     

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

日本テディベア with Friends コンベンション

くま祭りに行ってきました。

今回はお買い物より、ブースに座っている知り合いのベアー作家さんと少しばかりお話をするほうを重視にまわる。

作家さんに許可をもらって撮影

まぁるい雰囲気がカワイイ  NOKO BEARさん

Img_82242jpg

NOKOさんと一緒のブースの HONO BEARさん。 ボンネットをかぶった四足のひつじが愛らしい

Img_82252jpg

昔、看板を描いたことで縁が出来たMilky Wayさん、オープンマウスのくまちゃんがニッコリお出迎え。 なんと歯もついてる!

Img_82292jpg

Img_82322jpg

後から許可を頂きましたので、写真を追加いたしました。

ちょっととぼけた表情がカワイイdotipottiさん。

立ち寄ったときにはみんな嫁入り先が決まっていました。

Photo_4

ほかにも数人の作家さんとお話をしましたが、写真を撮るのを忘れたり、ブログに載せる許可を頂くのを忘れたりして、載せられる写真が少なくてすいませんsweat01

一通り歩き回ったら、ギャレットドヲル倶楽部のfairycatちゃんとbちゃんとランチへ。               

 

 

午後は近くの本屋で「モールで作る小さなどうぶつ」を買ってから再び会場へ戻り 著者国本氏(熊三昧)にサインをいただく。

小さい、小さいモールベア。一度挑戦してみたけど、不細工なものしか私には作れません。

誰か私に作ってにちょうだいっsign01

Img_82302jpg

Img_82312jpg_3

毎度のごとく、心地よい疲労感。 くまだらけの楽しい1日でした。                            

 

 

 

| | コメント (8)

「男子がもらって困るブローチ集」を買う

実は私はブローチが好きだ。

気づくと長女もブローチが好きになっていた。

気が向くと一人コツコツと作っているのだが、そんな長女が買ってきた手芸本

お笑い芸人の光浦靖子さん著書の「男子がもらって困るブローチ集」

いやぁ~んheart04 ヘンテコでかわいいぃ~heart02

人前でつけるにはチト勇気がいるが、持っていてチョッピリウレシイかもsign02

(たぶん ここに遊びに来てくださるあなただったら そう思うに違いない・・・・きっと( ̄ー+ ̄))

Img_82192jpg

一針一針、愛がこもっているブローチたち。

確かに好きでもない女性からこんなのもらったら困るだろうね。 イヤ、好きでも困るだろ。

Img_82212jpg

ブスが売り物の芸人さんだから、こんなにブスさをプッシュしているけど、光浦さんはそんなにブスではないと思う。

だってざっと見渡すと、世間のほとんどが私も含めて光浦クラスだから。 たいしたことな~い。

だから、せめて身なりに気を使い、せっせとお化粧をし、きちんとした生活を送り、心だけでも美しくと磨くの。

手芸を楽しむ光浦さんは結構カワイイ( ´艸`)プププ

Img_82222jpg

あ、そんな事 どーでもよくて。

とにかく 作品の媚びない奔放さと素人さが、創作意欲に火をつけるそんな本でありました。

本の帯が・・・・・happy02

Img_82232jpg                        

 

 

私も誰にも媚びず、何だコリャと言われるような かなり自由奔放な作品を作って、完成したら内輪だけでプレゼンごっこをして楽しむサークルを作りたいなぁ。

お題だけを決めて、自由な素材、自由な発想、ただのゴミを製作するサークルになるかもしれないが、それでいいの。

ヘタにいい物を作ろうとか、売ろうとか、発表会とか思いつくと常識的なものになってしまうから。

頭の固いおばさんには結構難しいかもしれないな。。。。                                    

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (1)

今月はドールワールドフェスティバル

7月に入りましたね。

今月は、14日、15日に年に1度のドールワールドフェスティバルが浜松町東京都産業貿易センターにて開催されます。

あらゆるジャンルの人形、ぬいぐるみ、小物、グッズが展示販売されます。

お人形好きにはもうドキドキheart01の2日間でありますヽ(´▽`)/

Img_82132jpg

Img_82142jpg_3

 

もちろんセルロイドドリームも出展いたします。

私もセルロイド人形の絵付けのワークショップのお手伝いを予定しておりますので、

自分だけのミーコちゃんを作りたい方はどうぞ遊びにいらしてねo(*^▽^*)o

一緒に可愛いミーコちゃんを作りましょうhappy02heart04

Img_82182jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »