« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

娘と丸の内デート

長女に誘われて、東京駅近くの 三菱一号館美術館で行われている「ジュリア マーガレット キォメロン展」を見に行ってきました。

Img_2976

この展覧会は、女性写真家 キャメロン生誕200周年を記念し、ヴィクトリア アンド アルバート博物館が企画した世界6カ国を回る国際巡回展であり、日本初の回顧展だそうです。

当時は記録媒体でしかなかった写真を芸術の次元に引き上げようと試みをしてきたキャメロン。

長女は現在某フォトスタジオで カメラマンの仕事をしていますので、ちょっと見てみたかったのでしょうね。  いろいろと興味を引いた写真が多かったようです。

Img_2974

ランチは、クラシックな Cafe1894で。

日常を離れて優雅な気分にshine

Img_2978

(美術館の写真とカフェの写真は、ガイドのパンフレットからお借りしました)                  

 

お腹がいっぱいになったら、ぶらぶら歩いて丸の内ビルへ。

はちみつ専門店ラベイユで、冬青(そよご)と ひまわりのはちみつを購入。

隣の新丸の内ビルでは、マリメッコによって生地をじっくり選びました。

クッション作るぞ~~(*゚▽゚)ノ

サンタマリア ノッヴェラでも、ついローズのハーブウォーターを買ってしまいましたsweat01

予定になかったんだけどな。

素敵なお店でした。。。。

イタリアの本店同様、値段が店内に表示されていないのが、、、チョットsweat02ですが。

最後にKITTEにもよってウィンドウショッピング。

少しばかり疲れたけど、大満足の一日でした。ヽ(´▽`)/

Img_2972

| | コメント (4) | トラックバック (0)

あぁ、夏休み

お久しぶりです。

家族の(正確にはオットの)夏休みがようやく終わり、さぁ、ギャレットのフリーレッスンへ!

と思っていたら、台風で大雨typhoonraintyphoon

昨日から心のコンディションをペイントに向けていましたが、朝起きると低気圧のせいでしょうかすでに頭痛が、、、gawk

朝は、雨はまだ小ぶりでしたので行こうと思えば行けたのかもしれませんが、頭痛や、台風で止まってしまうかもしれない帰りの電車のことも考えて、今日は家の中で過ごすことに決めました。                                                             

 

家族が夏休みの間は、日光、鬼怒川温泉に行ったり、 気持ちの上でお世話になっている香取神宮にお参りに行ったり、都内に買い物に行ったり過ごしておりましたが、手仕事だけ集中することが出来なくて、あきらめて自分の時間は読書の時間にしておりました。

ついでに全てのSNSを見るのを最小限にとどめ、ブログも、フェイスブックも インスタグラムも放置でした。

今日からボチボチ始めようかと。。。                                         

 

夏はガラスの器が、目に気持ちよいshine

食卓を飾る イッタラのカステへルミたちと リサラーソンの陶器のネコ。

どちらもお気に入りo(*^▽^*)o

Img_2971

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヒッポちゃん、半ズボンをはく

女の子として作ったヒッポちゃんでしたが、半ズボンも似合いそう~heart04っと感想をいただいたので、作ってみました。

男の子に変身shine

Img_28662
さぁ、みんなで何して遊ぼう?

Img_28672

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヒッポちゃん 2

オーダーのヒッポちゃんが出来上がりました。

今度の子は、テディベアーの様に手足が動かせて、スカートも脱ぎ着が可能です。      

 

テーブルはきのこ、椅子は切り株です。                                                                

Img_28522
そろそろお茶にしましょうか?

Img_28622

あらら、ハチさんも?

Img_28532

それでは、みんなご一緒に

Img_28492






                                                                 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

足かせ

昨日の日曜日は、父方の伯父の葬式でした。

9年前に脳梗塞で倒れて、入退院を繰り返し、83歳でした。                            

 

たいていの人は、家族や友人と一緒に過ごしたいし、沢山の事を楽しみたいので、長生きがしたいと思うでしょう。

それでも、いつか100% 死んでしまいます。

白髪や腰が曲がったり、自由がきかなくなる身体、自分へのあきらめ、無関心、。

人は、病気になったり、老いて若い頃とは姿かたちが変わったり、今まで出来ていたことが出来なくなったりする事で、ちょっとづつ あの世に行きやすいように、いくつもついている この世との足かせをはずして行くのだな、、、と思っています。

歳とっても風貌が若かったら、どこもかしこもピンピンしていたら、あの世に行っても良いわなんて思えないものねぇ。

年取ってボロボロになるのも意味があるのだなと感じます。

Img_2845
                                                                 

木々が芽吹いて、花を咲かせてやがて枯れて土に戻る。

人も同じなのね。

そんなことを考えていた一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »