アート

ミナペルホネン 「皆川 明 つづく」の展覧会へ

先週は、ミナペルホネンが大大大好きな長女と待ち合わせて、ミナペルホネン「皆川明 つづく」の展覧会を見に東京都現代美術館まで行ってきました。

A8b2c81eb9f44291b1f782372230ae07

展覧会の初日でしたので、デザイナーの皆川さんのお姿もありました。

展示室に入るとミナペルホネンのテキスタイルのクッションがズラーリ

D9352d4067a44d0796c2ea89daf9f6c8

今までワンピース、ドレス、コートが並んだ部屋は圧巻❣️

1ec007e083484973b02d9595571174cf 2b7f165cfc5443628b8c12532a6ef854

「つづく」をキーワードに 生地や衣服はもちろん、インテリア、食器等のプロダクトに加えてデザインの原画、挿絵、映像なども有り盛り沢山な展覧会です。

Abd9635a8afa4002920fb0124668eb48

ミナの生地を使った可愛いボタンやブローチ達も↓

86b216e14e3843b395b5becdf2f91e60

生地を無駄なく大切に↓

3e0f3d366ae94d68b31ff650a35b5132 7ff7f55a4af64d409eccd7cf8bf826fb

どこを向いてもミナのテキスタイルに囲まれて、夢のような空間でひと時を過ごせて嬉しい❣️楽しい❣️

開催期間が長いのでもう一度見に行きたいな💕

8d4b6701b88d49bc87855860e73bc6c6

 

 

| | コメント (0)

エドワード ゴーリーの優雅な秘密 展

先週は、長女と練馬区立美術館まで「 エドワードゴーリーの優雅な秘密」展 に行ってきました。

0f2a22fe95cc4a1188881fe3ce5cbe1b
4a68425711b2470ca262ad9d19b15960
絵本の常識を覆すゴーリー、
「ギャシュリークラムのちびっ子たち または遠出のあとで」というアルファベットブックでは、子供達が次々と死んでいく様子を描いているし、
「不幸な子供」は、ヒロインのシャーロットが次々と悲惨な目にあって死んで行く話。

ゴーリーワールドの主人公たちは大抵は不運な目にあうはめになっていて、子供の絵本としては、マジか!? っていう内容なのだから。

でも、こんなに人気があるのは何故でしょう?

インクとペンで描かれた まるでエッチングの様なミステリアスでシュールな絵にあるのかな?

ゴーリーは大の猫好きで、猫だけは、話の中で不幸な目には合わなかったそうです😹
0358a82df0e64c379d6832280b7e86ff
2016年から日本国中を巡回していた展覧会だけど今回やっと見に行けました。3年も待ったよ💦

91153c721a584960b3f3db3918e4583c  

| | コメント (0)

原田治展 「かわいい」の発見

先週は 原田治展を見るために 世田谷文学館まで行ってきました。

Img_05762

原田治さんは、1970年代後半から90年代にかけて大人気だったOSAMU GOODSの生みの親です。

ミスタードーナッツの景品にもデザインが使われていたので、それを通してご存知の方も多いのでは?

Img_05722

Img_05332

Img_05552

Img_05432 Img_05602

Img_05632

Img_05672

小さくて見にくいけど、↓一番左端のカルビーのポテチのキャラクターは今でもお目にかかれます。

Img_05382

展覧会は一部を除き写真撮影がOKでした。

                                                                                                          

小学生の頃の絵日記から、20代初期の資料、イラストレーションの仕事はもちろん

広告や本の出版、晩年の自分の楽しみの為に制作していた作品なども含め、

いろんな分野の作品が展示されていました。

帰り際には、お約束のグッズコーナー!

沢山買いたい気持ちを抑え。。。。

でも、少しだけ買いました(笑) 

とくに公式図録は、内容が盛り沢山で素敵です。

Img_05782

懐かしくて、可愛くて、今でも大好き!

原田さんは2016年に亡くなったので、もう新作は生まれないのだと思うと 少し切ない帰り道でした。

| | コメント (0)

はな花hanaちゃん作品展 開催

 

都内の赤ずきんスタジオで開催された「はな花hanaちゃんの会の作品展」の様子です。

大作も多く、すごーーーーいの一言です。

Img_04802

Img_04792

Img_04722

私も過去に作った作品ですが、気に入っていて手元においてあるものを展示していただきました。

Img_04772

Img_04782

キルトだけではなく、刺繍+カルトナージュを出された方も。

可愛い絵柄でした。

Img_04762

スタジオ内だけでは収まりきれず,やよいちゃんのお住まいの方まで展示してあります。

Img_04972

Img_05092

Img_05042

Img_05112

Img_04932

ほんの一部しか載せられなくてごめんなさい。

もう、素敵すぎて、ため息が出っ放しの赤ずきんスタジオでした。

ひとつの作品に、どれだけ時間をかけられたのでしょうか。

作られた方が、本当に手仕事が好きで楽しんでいるのが伝わります。

次回は2年後、またすばらしい作品を見ることが出来るのを楽しみにしています。

| | コメント (0)

ムーミン展

2人の娘たちと一緒に 六本木の森アーツセンターギャラリーで行なわれているムーミン展へ。

今回の展覧会は、主にムーミンの原画です。

まるでエッチングのような 暗くて不思議な雰囲気のムーミンワールドでした。

ムーミンはアニメや絵本などにもなっていますが、やっぱり私はトーベが描いた原画が一番好きです。

寒い北欧の雰囲気、春夏の太陽が嬉しい!そんな感じが一番伝わってくるようで。。。

 

単行本のようなしっかりとした作りで、普段あまり買わない図録も購入です。

このムーミンは、フィンランド製の貯金箱、ガチャも2回挑戦して 小さな絵皿とカップをゲットです。

Image2

ランチは、同じ階にあるカフェで ムーミンコラボのメニューをいただいてきました。

なんと ニョロニョロパエリア

Img_20190413_123202

ミィのイチゴミルクドリンク

頭のお団子はアーモンド

本当に後ろを向いてるミィみたいですね。

1555206802843

| | コメント (0)

CIRCUS ヒグチユウコ展

先週、世田谷文学館で行なわれているヒグチユウコさんの展覧会に行きました。

開会初日は、入場するのに500メートルも並んだとか、3時間待ってもグッズが買えなかったとか、いろんな問題がSNS上で上がっていたので、行くのを躊躇しておりましたが、最近は平日は全然込んでいないということでしたので行ってみることに。

入り口から ヒグチユウコさんがモリモリ

Img_0194

階段を上って会場へ ワクワク

Img_0191

展覧会は撮影禁止ですので写真はありません。

作品は独特の画法でパワーに満ち溢れていました。

そして、建物内の雰囲気は至る所に ヒグチさんのイラストで楽しい雰囲気に

Img_0190

Img_0189
カプセルのガチャだけやってみました。

なんだか不思議な人たちの集まりですな

Img_0200_2

ヒグチユウコさんの存在を知ったのは、かれこれ8~9年前で、美大生だった次女が使っていたホルベインからでていたクロッキー帳の表紙でした。

「あら、かわいいっ」と 思って私も買ってきてもらったのです。

いつかは、きっと売れっ子になる方かもと思っていたけど 本当にそうなって嬉しい。

あの頃のクロッキー帳は、娘も私もバンバン描いてバンバン捨てたので2冊しかないです

もったいなかったかな~(ノ_-。)

Img_0202

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イイノナホさんの個展

ガラス作家のイイノナホさんの個展を見に 銀座のポーラミュージアムアネックスまで行きました。(個展の初日に行きました)

ガラスだけど、温かさを感じる作品。
3人のお嬢様のお母様でもあるイイノさん、ご家族への愛も感じられるオブジェもありいいなぁと思いました。

..

写真もOKでしたが、私の腕ではうまく撮れず、、、とほほ(ノ_-。)

ガラスの塊が好きな私は、イイノさんのペーパーウェイトを1つ買って銀座を後にしました。

銀座→有楽町→東京駅とぷらぷら散歩もしながらね

Image110

Img_20190119_132706

Img_20190119_132829
Img_20190119_133100






| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤田嗣治展と上野動物公園

東京都美術館へ 次女と藤田の展覧会を観に行ってきました。

没後50年という節目らしく、質、量共に史上最大級の大回顧展です。

 

今までも藤田の展覧会があるたびに足を運んでいきましたが、今回もまたいい展覧会でした。

Img_4921

Img_4920

私の中で心に残った作品。

人と同じモチーフで描いてもしょうがない。

他の画家が描かないモチーフで描いてみよう、、、ということで描いた作品。

パンフレットから。

Img_4937

そうそう、ひとと同じ事をしていちゃ 芸術家はいかんのよ。

お決まりの ミュージアムグッズを購入。

絵葉書はもちろん、チョコやファイル、特製のネコのハンカチ。

あ~~思っていた以上に買ってしまった。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

Img_4931

しりあがり寿さんが、この展覧会の為に書き下ろした 「フジタ画伯とねこ」の布人形。

お人形好きとしては、これが一番欲しかった

のに、長女からは、コレ必要あるの?と言われたΣ( ̄ロ ̄lll)

でも、いいの。可愛いから

画伯、よろしくニャン

Img_4935

                                                               

美術館内でランチを食べたら、急遽上野動物公園に。

わぁ~~何十年ぶりでしょう

Img_4922
パンダの見学は60分待ちでしたので、並ぶのが嫌いな私は素通り。

近くのショップで 前からほしかったパンダのシャンシャンのぬいぐるみを購入

生後10日目をモチーフとして、体長が18cm 重さが284g で作られております。

赤ちゃん丸出しのこの姿、結構重くていい感じです

Img_4934

まぁ、いろいろと歩き回ったのですが、な~んか動物が少ない印象。

お昼寝の時間?夏バテ?

一番見たかった ハシビロコウは、ひっそりジッとしていました。

Img_4925

| | コメント (0)

上野 展覧会めぐり

上野で、「ブリューゲル展」と「仁和寺と御室派のみほとけ」展のハシゴをしてきました。

一日で、二つの展覧会を見るのは、ちょっとキツイのは承知のうえで、、、

 

ブリューゲルは人気があるので、さぞかし混んでるかと思いきや、

仁和寺の方がずーーーーーっと混んでいました

仏像ブーム?..

それとも国宝の「千手観音菩薩坐像」がいらしたからか?

当たり前だけど、ビッチリとスッゴイ手の数!背後にまわったら背中の方まで手がありました。

Image4_2



仁和寺の観音堂の再現は結構な迫力

ここだけ写真撮影OK でした。きっとsnsで宣伝して欲しいのねo(^▽^)o

1

2

3
ブリューゲル展は、ブリューゲル一族による、風景画、風俗画、花の静物画など、16,17世紀のフランドル絵画の魅力が満載でした。

一部の写真をとってもいい期間が過ぎていたため、チラシから↓

 

Image2_2

Image3_2

| | コメント (0)

運慶展

上野にある東京国立博物館にて行なわれている「運慶」を見に行ってきました。

ドラマチックにライティングされた部屋に置かれた仏像たち。

凄いです。  思っていた以上に。

運慶のオヤジさん、息子たちも仏師であり、運慶一族による堂々たる仏像を

目の当たりにして感動しました。

仏像の衣、肉体の末端まで魂が込められているように感じました。

Img_3939

運慶の約300年ほどあとに イタリアではミケランジェロが生まれて活躍したけど、もし、ミケランジェロが、運慶の仏像を見る機会があったらならば、かなりの衝撃を受けただろうなぁ。

 

あぁ、もう一度、見に行きたいっ!

四天王立像、カッコよすぎ 

龍燈鬼、オモシロ過ぎ 

ただ、、、並びます。混んでます 雨の日でも

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧