アート

運慶展

上野にある東京国立博物館にて行なわれている「運慶」を見に行ってきました。

ドラマチックにライティングされた部屋に置かれた仏像たち。

凄いです。  思っていた以上に。

運慶のオヤジさん、息子たちも仏師であり、運慶一族による堂々たる仏像を

目の当たりにして感動しました。

仏像の衣、肉体の末端まで魂が込められているように感じました。

Img_3939

運慶の約300年ほどあとに イタリアではミケランジェロが生まれて活躍したけど、もし、ミケランジェロが、運慶の仏像を見る機会があったらならば、かなりの衝撃を受けただろうなぁ。

 

あぁ、もう一度、見に行きたいっ!

四天王立像、カッコよすぎ sign03heart04

龍燈鬼、オモシロ過ぎ happy02heart02

ただ、、、並びます。混んでますsweat02 雨の日でもrain

| | コメント (4) | トラックバック (0)

葛飾北斎とお栄さん

先日、原宿駅近くの太田記念美術館に「葛飾北斎  冨獄三十六景」を見に行ってきました。

Img_3913

当時、冨獄三十六景は、スゴく人気があったそうで、36点に10点ほどプラスされ、全部で46点制作されたそうです。
北斎さんも稼ぎたかったのね。

実は、一番見たかったのは、特別公開の北斎の娘のお栄さん(葛飾応為)の肉筆画「吉原格子先之図」。


思っていたより小さな作品でビックリでした。

光と影が美しい。

葛飾応為のガイドブックには、実物大の「吉原格子先之図」がついていました。

Img_3912


キュレーターの話も聞けて興味がわいたので、帰りがけに本屋にもよって 朝井まかての眩(くらら)←お栄さんの話   も買ってしまった*\(^o^)/*

Img_3911_2

                                                           

先月は、NHKのドラマで 浅井まかてさんが原作、お栄さんを描いた 眩(くらら)が放映されていました。

宮崎あおいさんが、お栄の役でしたが、可愛かったな。

実際のお栄さんは、アゴが出ていて、父親の北斎からもアゴと呼ばれるときがあったとか、、、、

7日に 再放送があるので興味のある方は、ご覧になってみては?

29ba5a24d76678f545dffce30fc95d4e700

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「バベルの塔」展

4月から展覧会は始まっていたのに、なんやかんやでなかなか行けなかった展覧会に やっと行ってきました。

海外にひょいと気軽に行けない私には、いつも向こうから来てくれる展覧会はなんともありがたい!!

この機会を逃したら この絵を一生見ないで終わってしまう!という危機感から逃れられなくて、朝は頭痛でだるかったのに、薬を飲んで上野に向かいました。

ブリューゲルの最高傑作 バベルの塔

細部まで細かく描いてあって、ずーっと見ていたい気分に。。。

写真撮影用の看板↓

もちろん本物は撮影できません。

Dsc_7208

                                                             

また散在してしまいましたsweat02

でもいいの。 実用的なものが多いからcoldsweats01

Img_3725
ちょっぴりロマンティックなスノードーム

絵から大きさを考えると、とてつもない巨大なバベルの塔だけど。

こんな小さいドームの中に入ってしまって なんだか可愛いheart02
                                 

Img_3731
この展覧会は、目玉のバベルの塔のほかにも、16世紀のネーテルランドの彫刻、ブリューゲルの版画など同時代の見ごたえある作品がたくさんでした。

今週の7月2日、日曜日まで開催です。

週末は きっと混むぞーwobbly

                              

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ミュシャ展

チェコに行かなくても、むこうから来てくれる幸せheart04cryingheart04

きっと私が生きてるうちに こんなにミュシャの大作の絵画を見ることが出来るのは、今回限りでしょう。

Img_3411

有名な パリ時代の商業的なポスターなどの作品は、ほんのちょっと。

チェコが生んだ大画家としてのミュシャが ドドーーーン!と並んで絶景でした。

一部屋だけ、写真をとってもいい部屋がありました。

Img_33992
Img_34002

Img_34082

Img_34102
                                                                 

 

ミュシャのグッズ(お土産)は買わなかったけど、弥生ちゃん展でグッズだけも買えるので、また並んで買っちゃったlovely

魔よけにもなりそうな やよいちゃん人形   似てる!!笑 (≧∇≦)

Img_3412



| | コメント (0) | トラックバック (0)

アートな一日

都内にある国立新美術館まで 「草間弥生 わが永遠の魂」 を観にいって来ました。

Img_3345

美術館の木々も作品の一部に!

題名は、「木に登った水玉2017」

Img_3346
この部屋だけは、スマホやケータイでの写真撮りはOKでした。

高齢になられても、パワフルな作品が並びます。

Dsc_7197
初期の作品やニューヨーク時代の作品も並び、彼女が歩んできた前衛芸術を一挙に鑑賞することが出来ました。

展示会場は並ばなくても見ることが出来ましたが、グッズ売り場のレジはアトラクション会場なみに行列でしたsweat02

グッズを買いたい方は覚悟を!

 

お昼を食べてからは、浜松町に移動し、て劇団四季の「ノートルダムの鐘」を鑑賞。

劇団四季を見るのは15年ぶりだろうか?

ちなみに15年前に観たのは、ライオンキングでした。

Img_3348

ただただ見て楽しいミュージカルとは違って、音楽も話も 大人のミュージカルでした。

やっぱり子供は一人も観に来てなかったな。

ディズニーのアニメを元にしていましたが、最後のほうはディズニーとは違った話に、、、、

って、もともとの ノートルダムのせむし男は、こういう話だったのか?

重厚ですばらしい音楽に芝居に 劇場内は感動の嵐でした。

身の回りにうごめいていた、よからぬ「気」が、一挙に吹き飛ぶような迫力thunder

はまりそう~~up ミュージカルnotes ←一緒に行った次女の感想

アートな一日、大満足な一日でしたヽ(´▽`)/shine

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マリメッコ展

先週は、渋谷の人混みをかき分けて、マリメッコ展(Bunkamura ザ・ミュージアム)に行ってきました。

大胆でカラフル、そしてシンプルなデザイン。

ファブリックやドレスたちがダーと並び、マリメッコの60年の歴史をたどってきました。

23日で祝日だったからか、男性の見学者も多く意外でした。

ファッションやテキスタイル業界の方たちなのでしょうか?                           

                                                              

会場には、食器やタオルバッグなども売っていましたが特に欲しい物は無く、カタログだけ買って、トットと帰ってきました。

クリスマス前だったので渋谷はどこも混み混み(@Д@;

Img_3220

Img_3221




| | コメント (0) | トラックバック (0)

「秋のうふふな刺しゅう展」へ

先週は、インスタグラムで知り合ったチチレちゃん(cicicre)の刺しゅうの展示会へ行ってきました。

Img_3063

チチレちゃんの刺繍は、ちょっとオトボケで可愛く、ひょうきんな動物たちのデザインで、いつも私の心を うふふと楽しませてくれます。

私は彼女の刺繍の大ファンですheart04

今回初めてチチレちゃんとお会いしたので、ちょっとドキドキheart02

そして、、、チチレちゃんは、思っていたとおりのかわいらしい方でした。happy01shine

せっかくカメラも持参していたのに、展示会の雰囲気を撮ることすら すっかり忘れて、生の作品に魅了される私。

今回は、迷いに迷って小さな額に入った「本との出逢い」を連れて帰ってきました。

Img_3066

それと、刺繍のブローチのキットと 来年の卓上カレンダーも購入。                        

 

キットは、この連休に次女が刺繍をし、ブローチにしました。

本当は、私が作るつもりで買ったのだけれども、次女が

「ワタシ、生まれてこの方 刺繍というものをしたことがない!」言い出すものでビックリwobbly

家庭科の授業でも選択でやってこなかったらしい、、、、sweat02

で、急遽、彼女が刺すことに、、、

キット内容は至れり尽くせりで、24歳にしてはじめて刺繍をした次女でも上手に仕上げることが出来ました。

Img_3060

Img_3071

 

私も自宅にある布を使って作りましょう。

チチレちゃん楽しい時間をありがとう~note

 

http://cicire.petit.cc/   ← チチレちゃんのホームページはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

娘と丸の内デート

長女に誘われて、東京駅近くの 三菱一号館美術館で行われている「ジュリア マーガレット キォメロン展」を見に行ってきました。

Img_2976

この展覧会は、女性写真家 キャメロン生誕200周年を記念し、ヴィクトリア アンド アルバート博物館が企画した世界6カ国を回る国際巡回展であり、日本初の回顧展だそうです。

当時は記録媒体でしかなかった写真を芸術の次元に引き上げようと試みをしてきたキャメロン。

長女は現在某フォトスタジオで カメラマンの仕事をしていますので、ちょっと見てみたかったのでしょうね。  いろいろと興味を引いた写真が多かったようです。

Img_2974

ランチは、クラシックな Cafe1894で。

日常を離れて優雅な気分にshine

Img_2978

(美術館の写真とカフェの写真は、ガイドのパンフレットからお借りしました)                  

 

お腹がいっぱいになったら、ぶらぶら歩いて丸の内ビルへ。

はちみつ専門店ラベイユで、冬青(そよご)と ひまわりのはちみつを購入。

隣の新丸の内ビルでは、マリメッコによって生地をじっくり選びました。

クッション作るぞ~~(*゚▽゚)ノ

サンタマリア ノッヴェラでも、ついローズのハーブウォーターを買ってしまいましたsweat01

予定になかったんだけどな。

素敵なお店でした。。。。

イタリアの本店同様、値段が店内に表示されていないのが、、、チョットsweat02ですが。

最後にKITTEにもよってウィンドウショッピング。

少しばかり疲れたけど、大満足の一日でした。ヽ(´▽`)/

Img_2972

| | コメント (4) | トラックバック (0)

カラヴァッジョ展

ゴールデンウィーク中に「伊藤若冲」でも観るか、と上野まで行ったが、

東京都美術館は、若冲展を観たい人で溢れかえり 外のエントランスまで続く長蛇の列!

まるでネズミーランドみたいsweat02

あきらめて西洋美術館で「カラヴァッジョ展」観てきました。

このカラヴァッジョなる人物、バロック絵画の創始者のひとりであり、イタリアが誇る大画家なのだが、暴力沙汰をおこしたり、ついには殺人まで犯し、なかなかの黒歴史を持つ男でしたshock

伊藤若冲とは、カラヴァッジョとは、なんぞや? と言う方に

こういう絵を描いた人です↓

Img_2618


Img_2617

...

帰りには映画館で 「追憶の森」も鑑賞。
若冲は見られなかったけど、満足な1日でした。

ちなみに 若冲展は、夕方でも80分待ちだったそうな、、、┐(´д`)┌ヤレヤレ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボティチェリ展

ボッティチェリ展を観てきました。

日本初の大回顧展だそうです。

お、これいいぞーheart04と思った絵は、ポストカードや、印刷物になると色が濃くハッキリしていて

本物とは違った印象だったので、珍しくミージュアムショップでは何も買わずに帰宅しました。残念sweat02

でも、イタリアまで行かなくてもボッティチェリの絵画が見ることが出来るなんて、ありがたいことです。

Img_2381

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧